阿部武史のブログ

2013.10.16

【関西・コーチング】ペーシング~熱意と感謝と配慮の狭間で・・・~

あべっちです。


コーチングをする上で「ペーシング」って結構大切と言われております。


相手の【熱意(エネルギー)】に合わせてみること。


クライアント様「今日ね~!めっちゃオモロイことあったんすよ~」


コーチ「へー、すごいねー、よかったねー」


クライアント様「・・・。」


とまぁ、これはわかり易すぎる例でしたが(笑)


時々、話を「聴かせてもらっている」という【感謝】の気持ちが大きくなり過ぎても


相手には「熱意」で伝わってしまう時も・・・


コーチ「本日は話を聴かせてもらって有難うございます!!」


クライアント様「はい、宜しくお願いします」


コーチ「ほんとに貴重なお時間頂けて。嬉しいです!」


クライアント様「はい、恐縮です。」


コーチ「いや、ホントに思ってますよ!」


クライアント様「・・・。」


まぁまぁ、これもわかり易すぎるようにした例ですが(笑)


大切なのは、何を「伝えたい」のかよりも、今、目の前にいるクライアント様の言語や非言語に集中して、


楽しいのか、悲しいのか


今、どんな気持ちなのか


話したいのか、話したくないのか


などなど、常にクライアント様の「今」を確認しながら進めると


安心して一緒に進んで頂けるように感じることが多いです。


これからもクライアント様の「今」に集中するぞー( ̄▽ ̄)


皆様はいかが?

元記事を読む...

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

検索

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

フィード

ブログ内検索

ページの先頭へ